グループホームとは

1ユニット9人程度の少人数の生活の場で、ご入居されている方が専門のスタッフの支援を受けながら、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、安心して日々の生活を送る事が出来る場所です。

グループホームの特徴

  1. 慣れ親しんだ生活様式が守られる暮らしとケア
    (束縛のない家庭的な暮らし)
  2. 認知障害や行動障害を補い、自然な形で持てる力を発揮できる暮らしとケア
  3. 少人数の中で一人ひとりが個人として理解され、受け入れられる暮らしとケア(人としての権利と尊厳、個人の生活史と固有の感情)
  4. 自信と感情が生まれる暮らしとケア
    (衣・食・住全般に生活者として、成人した社会人としての行動、役割を回復)
  5. 豊かな人間関係を保ち支え合う暮らしとケア
    (家族との、疑似家族としての、スタッフとの、地域生活との、入居者同士の)

 

 

このページの先頭へ戻る